僕たちは球体の中で生きています2

おはようございます、代表です。

いつもお越しいただきありがとうございます☆

 

昨日は暖かくて過ごしやすかったですね。

あのくらいの寒さなら冬も我慢してやんのになー(=3=)

 

 

前回の『球体』お話、たまにでもイメージしてみました?

イメージがしやすくなると、いろんな『引き寄せ』も早くなります。

 

前回は、

本当は自分の周りに『枠』があるんです。

その『枠』は『球体』なんです。

僕たちは『球体』の中に入っています。

 

と、お話しました。

 

 

なかなかイメージできないよねー。

とも思い、参考に簡単な絵を描いてみました。

 

 

blog_2015_005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャボン玉のような、

『透明』な球体をイメージしてもいいですね。

 

 

 

そして昨日も言いましたが、

あの彼もあの彼女もあのおじさんもあのおばあちゃんも同じです。

 

そう、みんながそれぞれの『球体』の中にいるんですね。

こんな感じに。

 

blog_2015_006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのおじさんも球体の中にいるんです。

ここまでイメージできました?

ではでは、次にいきます。

 

今日はここから先をぜひ覚えてってくださいね。

 

 

 

その『球体』が、結構な大きさとイメージしてください。

 

具体的に言うと直径6m以上あればいいです。

これ以上大きければOKです。

 

その大きな『球体』の真ん中に自分が立っています。

てことは、目の前の壁までは結構な距離がありますね。

 

これも、あの彼もあのおじさんもあのおばあさんもまたおんなじ。

みんな誰もが大きな『球体』に入ってます。

 

 

これも次回までに球体を大きくイメージしてみてくださいね。

 

『現実の作り方』のお話をしてますが、まだまだ謎だらけ!

次回は、僕たちがどうやって『現実』を見ているのかをお話しますね。

 

つづきまーす。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA