「2022年のSTART」(2022/01/14)

個人にとっても組織にとっても、2020年末から次の春にかけての変化は、 僕にとって苦しみを伴うものでしたが、これが大きなターニングポイントでした。 変化の中にあった様々な苦悩や恐怖と常に正面から向き合うことは、これまでの...

PAGE TOP